エンディングノートでの「資産一覧」の書き方

 エンディングノートで最も悩む項目といえば、遺産相続に関する部分ではないでしょうか。自分が死んだあと、家族が相続で争いを起こす姿は、考えたくないものです。だからこそ、エンディングノートでどんな資産を残すか、整理しておく必要があります。今のうちに、自分がどんな資産を持っているか再確認しておきましょう。

 まずは資産の種類を把握します。住宅などの不動産、預貯金、有価証券、保険、貴金属、会員権などが資産に当たります。ここで気を付けたいのは、遺産には借金も含まれているということです。完済していればよいのですが、借金を残したまま亡くなってしまうと残った家族が大変です。

 だれでも借金があるということは、周りに知られたくないのも事実です。自分一人で返そうと周りに秘密にしたまま亡くなってしまい、本人の死後に家族が借金に気が付いた、というケースもあります。借金の金額が大きい場合、残された家族は返済に頭を抱えてしまいます。そんな悲しいトラブルもあり得るのです。

 借金のトラブルは、自分が借りているだけではありません。保証人になっている場合も気を付けてください。知人の借金の保証人になっていたり、身元保証人やアパート入居の際の保証人もよくあります。

 こうした正・負の両方の遺産を忘れずに、エンディングノートに記入してください。記入の仕方ですが、基本はエンディングノートにひな型があります。それに当てはめて、プラスの財産と、マイナスの財産を具体的に記入していきましょう。そして、資産の内訳が大きく変動した場合は、すぐに書き直しが必要となります。昔のままにしておくと、本人が亡くなった後、無用の混乱を招くことになります。