エンディングノートでの「葬儀」欄の書き方

 最近は葬儀の形式も多様化し、家族葬(密葬)や会社葬以外にもいろいろな形式が増えてきました。だからこそ、葬儀についてもしっかり考えておかなくてはなりません。まず、葬儀をするか、しないかの希望を書きましょう。葬儀を希望しないなら、その意思と理由をはっきりと記入しておきましょう。葬儀をしてほしいなら、どんな形式の葬儀にするかも合わせて記入します。近親者のみで行うか、多くの人を呼んで行うか。葬儀の形式をどうするかも細かく記入します。

 葬儀といえば、費用も忘れてはいけません。具体的に○○万円以内、と予算を金額で記入しておけば、喪主や家族は判断しやすいでしょう。葬儀の費用といっても、葬儀プランや葬儀社によって大きく異なりますから、あらかじめ予算の相場を知っておくことが大切です。葬儀について具体的な希望が決まっているなら、生前に葬儀社と予約してもいいでしょう。ただし、家族の同意が必要な場合が大半なので気を付けてください。

 あとは喪主を誰にするか、遺影をどうするか、戒名をどうするかなど細かいところを決めていきます。葬儀に関する決め事は非常に細かいので、一つ一つ丁寧に考えるおく必要があります。全て残った家族にお任せ、となると、葬儀を執り行う家族の側が混乱してしまいます。自分が死んだ後のことだから、といい加減にならず、残された家族のために細かく希望を書いておきましょう。

 葬儀についての希望は、エンディングノートの中でも特に大切な部分の一つです。葬儀をする、しないにかかわらず、費用や時間はかかるものです。エンディングノートの中でも、じっくりと時間をかけて取り組んでほしい部分の一つです。