エンディングノートでの「遺産相続」欄の書き方

 ほとんどのエンディングノートには、遺産相続のことを書く欄がありますが、法的拘束力はありません。仮にエンディングノートで遺産の分割方法についての記述をしていたとしても、それが無意味という意味ではありません。いざ遺産の分配をするとき、書かれていることも考慮の対象にしてもよいです。ただ、中途半端だったり、遺言書の内容と異なるぐらいなら、書き残さないが賢明です。無用なトラブルの原因となるだけです。

 一方、遺産相続についてしっかりした考えを持つ人は、エンディングノートとは別に正式な遺言書を用意しておきましょう。遺言書というのは、単に手紙やメモ書きのようにすればいいという訳ではありません。きちんと法的効力のある形式にしなくてはならないのです。自筆の手書きで作成する場合、日付と署名捺印は必ず必要で、一方でもないと法的に無効となる場合があります。また、公証役場に出向いて公証人に作成してもらう遺言公正証書が近年増加いているようです。

 どんな方法で遺言書を作成するにしても、メリット・デメリットはありますから、きちんと調べて、相続トラブルにならないように準備しておきましょう。そして、遺言書を作成したなら、その保管場所をエンディングノートに記載しておく必要があります。何故なら、せっかく作った遺言書を見つけてもらわなければ意味がないからです。できれば、公証役場で遺言公正証書を作成し、遺言執行者を専門家に頼んでおき、その遺言執行者に遺言書を預かってもらい、その旨、エンディングノートに記載しておくのが最も安心な方法の一つです。詳しくは、関連サイト「遺言書の書き方と文例」をご覧ください。